FaxDMで新規開拓、FAX DMノウハウ、FaxDM原稿ひな型、集客(マーケティング)、販売促進、売上拡大

FaxDMのeパートナー 成果報酬型FAX DM。問合せ1件あたり6000円のFaxDM。FaxDM原稿はeパートナー高橋廣が作成

FaxDMで集客するための10の秘訣
 
 
メールアドレス
1分以上経っても返信メールが無い場合は下記アドレスにフルネームをご記入してメールして下さい。

knowhow12@e-ptn.com
  • 社労士用
  • 日本著者販促センター
  • FaxDM過去の実績
  • FaxDMよくある質問
  • FaxDMのeパートナー相互リンク集
  • サイトマップ

こんにちは。私がこのHPの責任者、FaxDMコンサルタントの高橋です。

私の仕事は、ズバリあなたのFaxDMの反響を上げること。そのために原稿添削もやっています。原稿を少し変えるだけで反響は2〜10倍になります。

FaxDMをいくら安く送れても、反応がなければ意味無いですよね?現在の一般的なFaxDM反響率は、0.1%以下です。でもFaxDMのコツさえ学べば、誰でも2〜10倍の反響が取れます。

「値段は2倍でも、問合わせが3倍ならお得でしょ?」と考えている会社です。

あなたの見込客6000円※で売ります
(※事前審査があります)
成果報酬型FaxDM

FaxDMで集客するのは難しい・・・

・FaxDMをやってみたいけど、うまく集客できるか不安・・・
・反応が高い原稿をどうやって作ればいいのか分からない・・・
・最初にお金を払っても、問合せゼロだったら大損・・・

このようなお悩みはありませんか?

 

私も何度かメルマガなどで書いていますが、FaxDMでうまく集客できるかどうかは、商品内容はもちろん、原稿やオファーなどによって大きな差が出ます。
FaxDMで成功するためには一定のルールがあります。
ルール通りにFaxDMを送信すれば、うまく行きやすいです。
逆にルールを無視すれば失敗しやすいと言えます。

 

とは言うものの、FaxDMのノウハウを学ぶのには、時間がかかります。弊社のノウハウDVDを観るにしても3時間以上かかりますし、実際に原稿を作るとなると、さらに時間がかかってしまいます。しかも1発目からうまく原稿が作れるとは限りません。ノウハウを習得するには時間と労力の両方が必要です。

 

「ノウハウを学ぶ時間はない」
「でも結果が出るのであれば、やりたい」
そういう人には、弊社の「成果報酬型FaxDM」がお役に立つかもしれません。

 

 

成果報酬型FaxDMとは?

弊社の成果報酬型FaxDMは、問合せが戻ってきた時だけ、1件あたり税別6000円※お支払い頂くサービスです。

 

これは、
1、FaxDM経験10年の高橋廣が御社用の原稿を無料で作成し、
2、希望業種、エリアに無料でFaxDMを送信し、
3、問合せが来たら1件あたり税別6000円※お支払い頂き、
4、6ヶ月以内に50件以上の見込客をお渡しする
というものです。

(※事前審査があります。)

 

一般的なFaxDMは、送信する件数によって料金を支払います。
反響があろうが、なかろうが、請求額は変わりません。
つまり1万件送っても反応ゼロならコストを垂れ流したことになります。
ところが今回のサービスはFaxDMの反響に応じて、料金が発生します。
反応ゼロなら支払いもゼロなのです。

今までにないサービスと言えます。

 

問合せ1件あたり6000円なので、
50件の問合せなら、30万円※、
100件の問合せなら、60万円※、
200件の問合せなら、120万円※、お支払い頂くことになります。

(※単価変更が無い場合で試算。途中、反応率や名簿件数により単価が
  変更になる可能性があります。いずれも税別です。)

 

これ以外のコストは1円もかかりません。
つまり原稿作成料金やFaxDM送信料金、名簿料金などは一切必要ありません。
それどころか、場合によっては16件目以降は@6000円を下回る価格で提供することも可能です(実際3000円で提供している企業様もあります)。

 

この成果報酬型FaxDMでは、原稿作成を弊社で行います。
通常、原稿作成は最も時間がかかり、最もノウハウが必要なところです。
この作業を弊社で負担することにより、あなたは手間も時間も大幅に削減できます。
今まで500社以上のFaxDMを扱ってきた弊社が原稿作成しますので、反響率も高いです。

 

 

この「成果報酬型FaxDM」を利用することによるあなたのメリットは・・・

1、リスクが少ない。
  問合せ件数に応じて支払いをするので、広告の反応に一喜一憂しなくても良い。
  一般的な広告は、問合せがあるか、ないか、ギャンブル的な要素が強いです。
  「せっかくFaxDMを出したのに問合せはゼロ」
  なんてことがない。

 

2、手間がほとんどかからない。
  FaxDMで1番手間がかかるのは「原稿作成」です。
  その原稿作成を弊社が行うので、あなたは時間を割く必要がない。
  あなたは弊社から送られてくる質問シートに回答するだけでOKです。
  原稿作成で分からないことがあればこちらからメールや電話をします。

 

3、FaxDMのプロが原稿を作るので反応が高い。
  現在ほとんどのFaxDMの反響率は0.1%以下です。
  過去500社以上の案件を手伝ってきた弊社が原稿を作るので反響率が高い。
  その結果、今までだったら取りこぼしていた会社からの問合せを得ることが
  出来る。

 

4、FaxDMノウハウを間近で見ることができる。
  FaxDMで反響を上げるための方法を間近で見ることが出来ます。
  反応を上げる文章の書き方、オファーの書き方を見ることが出来ます。
  ※原稿の著作権は弊社に帰属しますので、コピーや真似はできません。
   また営業ツールとして利用することも出来ません。

 

5、定期的に見込客を得ることが出来る。
  基本的には毎月見込客をお渡しします。
  大量に見込客が必要な時は事前に連絡頂ければ大量にお渡しします。
  逆に忙しい時は翌月にまとめて見込客をお渡しすることも可能です。

 

6、問合せ1件あたり6000円を下回ることもある。
  15件までは問合せ1件あたり6000円を頂きます。
  しかしながら16件目以降は、反応が良い商品、大量に問合せを
  購入頂ける企業様には6000円を下回る価格で提供可能です。
  (実際3000円で提供している企業様もあります)

 

7、成約率を伸ばすためのコンサルティング(別途有料)を受けることができる。
  「問合せはたくさん来たけど中々契約できない」
  という方のためにご希望であれば個別コンサルします。
  成約率を伸ばすフォロー方法、郵送用資料添削、営業方法などをお教えします。
  (コンサルティング料:月5万円×3ヶ月以上)

 

 

逆にデメリットもあります

1、問合せが来ても成約できるかどうかはあなた次第です。
  あくまでも問合せ件数に応じた課金です。
  問合せの内容、訪問アポイントの有無は考慮しません。
  成約率は商品やサービス、あなたの営業力に左右されます。
  (成約率を伸ばしたい方は個別コンサルも申し込んで下さい)

 

2、半年以内に50件以上の問合せをお渡しする予定ですので、
  最終的には30万円以上の費用がかかります。

 

3、問合せ単価6000円は反応率0.4%が前提です。
  0.4%を下回る可能性があるものは、単価を上げるか、
  お受けできない可能性もあります。

 

4、商品やサービスによっては、お断りすることがあります。
  すべてのお申込をお受けできるわけではありません。
  反応率が低そうなもの、50件以上の問合せが期待できないもの、
  などはお断りすることがあります。
  また弊社で一度の対応できる件数には限度があります。
  毎月3社までの募集となります。

 

5、原稿の著作権はすべて弊社に帰属します。
  原稿は弊社で作成します。反応が高いから、と言って他の広告やDM、
  資料、HPなどに転載、引用することはできません。

 

6、50件の問合せが来る前に、途中で中止することがあります。
  弊社がどんなに頑張っても、FaxDMの反応が悪い可能性はあります。
  反応率が低いということは、弊社のコストが多くかかっているということです。
  弊社もビジネスです。利益が出ないと判断した場合は、途中で中止します。

 

7、事例として公開される可能性があります。
  弊社の成功事例、失敗事例として公開される可能性があります。
  社名や連絡先、商品名などは匿名にできますが、それ以外の情報が公開
  される可能性があります。つまり、原稿およびオファー、反応率、成約率などの
  情報が公開される可能性があります。
  (ただし御社の宣伝にもなるのでメリットとも言えます)

 

上記に書きました、メリット、デメリットを勘案の上、お申込下さい。

 

 

どんな商品でもお受けできるわけではありません

すべてのお客さんが成果報酬型FaxDMをご利用できるわけではありません。
というのも、ご依頼頂くものの中には、FaxDMで「売りやすい商品」と「売りにくい商品」があるからです。すべての商品を成果報酬型FaxDMで受けてしまうと、弊社の利益が確保できません。そこで申し込みにはいくつかの制限を付けています。

 

<お受けできないケース>

1、ターゲットとなる名簿が少ししかない(※重要)
  地域を限定し、さらに業種を限定すると、ターゲットとなる法人名簿が
  少なくなってしまいます。
  少なくとも半年以内に50件の見込客をお渡しします。
  最終的には数百件の見込客をお渡しすることになります。
  となると、少なくとも2万件くらいの名簿が必要です。
  下記の名簿一覧表で御社のターゲットが2万件に満たない場合は、
  お受けできない可能性があります(店舗系除く)。
  (それでも依頼したい場合は問合せ単価は@6000円以上であれば、
   お受けできる場合もあります)
  参考 → 法人名簿概算一覧表(エクセル版) ←右クリックで

  ※名簿一覧表で名簿が少ない場合でも別途名簿を準備できる
    可能性があります。特に士業や店舗系の名簿は上記一覧表では
    あまり件数はありませんが、提携名簿会社が名簿を所有
    していますので対応可能です。

  ※例えば「従業員100人以上の会社」しかターゲットにならない場合、
   業界やエリアを絞ると名簿の絶対数が少なくなってしまいます。
   この場合、お受けできる可能性が低くなります。

 

2、FaxDMでの反応率が低いと弊社で予測するもの(※重要)
  基本的には0.4%以上の反応が取れそうなものをお受けします。
  反応率が0.2%を下回りそうなものはお受けできない可能性が上がります。
  反応率は商品やオファー、ターゲットによって反応率は大きく変わるので、
  詳細をヒアリングの上、判断します。

 

3、「無料(あるいは格安)の○○」を準備できない方(※重要)
  FaxDMで高反響を取るためには「無料(あるいは格安)の○○」
  を見込客に提供する必要があります。
  例えば「無料小冊子」「無料成功事例集」「無料お試し」「無料セミナー」
  「無料DVD」「無料CD」「無料サンプル」などがあればベターです。
  逆に言うと、「無料(あるいは格安)の○○」が準備できない場合、
  反応率が低くなるのでお受けできない可能性が上がります。

  ※「無料見積」や「無料資料」「無料コンサル」などはいくら無料でも
   反応が取りにくいので別のものをご準備下さい。

  ※商品そのものの魅力がかなり高い場合は「無料の○○」がなくても
   お受けできる場合もあります。

 

4、急ぎで対応をしなければならないもの
  例えば、「2週間以内に対応して欲しい」というようなケースは
  お受けできない可能性があります(その時の状況によります)。

 

5、非協力的な方
  良い原稿を作るためには、御社の協力が必要です。
  「お金払ってるんだから」的な対応だとお互い気持ちよく仕事が
  できないと思います。商品のこと、既存顧客のこと、提供可能なオファー、
  など色々ヒアリングします。できる範囲で構いません。ご協力下さい。

 

6、公序良俗に反する商品、サービスなど
  弊社の独自基準で、お受けできない、と判断することもあります。

 

 

成果報酬型FaxDMご利用の流れ

1、まずは見積依頼して下さい。

 

2、見積依頼頂いた方に質問シートをメールで送ります。
  質問シートの回答を吟味し、御社商品を成果報酬型FaxDMとして
  契約可能かどうか判断致します。

 

3、お受けできる場合は、着手金として90,000円+税をお振込下さい。
  着手金には、問合せ15件分の料金が含まれています。
  (※審査に合格し、初回問合せ単価6000円となった場合)

 

4、ご入金後に原稿作成に着手します。
  質問シートの回答をもとにお電話などで再度ヒアリングします。
  ご協力お願いします。

 

5、原稿案を提出します。
  訂正が無ければ5000件程度のFaxDMを送信します。
  問合せが丁度15件にならない場合は、過不足分を@6000円で調整します。
  (つまり10件しか問合せが来なかったら30000円+税を返金します)
  (※初回問合せ単価6000円の場合)

 

5、この時点で問合せ単価の見直しをします。
  問合せ単価6000円は反応率0.4%を前提とした価格です。
  テストFaxDMで反応率が0.4%を上回れば値下げの可能性があります。
  逆に0.4%を上回れば、値上げの可能性があります。
  また継続的に大量の問合せを購入頂ける場合は値下げし易いです。
  逆にスポット的でボリュームが小さい場合は高めになります。

 

6、再提示した単価に納得頂ける場合は、引き続き成果報酬型FaxDMを継続
  頂けます。再提示した価格に納得頂けない場合は、成果報酬型FaxDMを
  その時点で中止できます。

 

7、ご継続頂いた方には毎月1回を目安にFaxDMを送信します。
  「問合せ件数×新しい単価」をお支払い下さい。
  毎月15〜50件(ご希望による)の問合せが来るように調整します。

 

 

成果報酬型FaxDMの注意点およびポイント

● 成果報酬型FaxDMとは、弊社が御社商品の原稿を作成し、問合せが来たら、
  1件あたり@6000円(※事前審査あり)お支払い頂くサービスです。

 

● クレーム以外のFAX返信は、すべて「問合せ」としてカウントします。
  問合せの内容、アポイントが取れたかどうかは考慮しません。
  電話やホームページ、メールでの問合せでも、
  「FaxDMを見た」との申告があれば、問合せとしてカウントします。

 

● すべての商品で成果報酬型FaxDMを利用できるわけではありません。
  審査次第でお断りする場合も多々あります。
  正直言って、審査はかなり厳しいです。
  単価6000円となるのは、反応率0.4%が期待できるものだけです。

   過去のおおまかな審査結果としては、
   ・初回から単価6000円で対応可能なケース:3割
   ・初回から単価6000円以上になるケース:3割
   ・初回は固定料金、2回目以降は成果報酬となるケース:3割
   ・完全にお断りするケース:1割

 

● 最終的には半年以内に少なくとも50件以上の問合せ客をお渡しします。
  「50件も問合せがいらいない」という方は、このサービスはご利用できません。
  通常のFaxDMパックをご利用下さい。
  というのも、弊社で原稿作成などの作業が発生しますので、
  20〜30件の問合せでは時間や手間など、コストの方が大きくなってしまい、
  弊社の利益が確保できないからです。



● 反応率が悪く問合せが余り来ない場合は、問合せ50件になる前に
  中止する可能性があります。
  (この場合、過入金がある場合は返金します)

 

● 問合せ単価@6000円は仮の価格です。
  初回FaxDMを送信後、反応率を見て次回以降の単価の見直しをします。
  単価の変更がある場合は事前に連絡します。

 

● 「問合せが来ても契約ができない」などのやむをえない理由がある場合は、
  その時点で、成果報酬型FaxDMを中止することができます。

 

● 下記のような方には特にメリットがあると思っています。
  1、「全国をターゲットにしている方」もしくは「全業種をターゲットにしている方」
  2、整体・治療院、歯科医院、病院、などをターゲットにしている方
  3、飲食店、小売店、などをターゲットにしている方
  4、書店をターゲットにしている方
  5、小中学校、幼稚園、塾、などをターゲットにしている方
  6、美容院、エステ、ネイルサロン、などをターゲットにしている方
  7、その他、店舗系をターゲットにしている方
  8、士業(税理士、社労士、行政書士など)をターゲットにしている方
  9、不動産会社、建設業、などをターゲットにしている方
  10、介護施設をターゲットにしている方
  11、「コスト削減」もしくは「売上アップ」に関連する商品
  12、半年以内に300件以上の見込客を得たい方

  上記に1つでも該当する方はお受けできる可能性が高いです。
  見積依頼お申込お待ちしております。

 

 

見積依頼を申し込む

※応募多数に付き時期によってはお待たせする可能性があります。

 

 

<追伸1>
あなたにリスクはありません。
もし問合せが1件も来なければ、1円も発生しません。
まずは下記より見積依頼して下さい。

 

<追伸2>
問合せが来ても成約できない場合は、その時点で成果報酬型FaxDMを中止できます。

 

<追伸3>
社会保険労務士の方は助成金に特化した「社労士用成果報酬型FaxDM」もあります。

 

<追伸4>
成果報酬型FaxDMは高橋が原稿を作成するため月3社程度しかお受けできません。
当月分が一杯の場合は翌月に、翌月分も一杯の場合は、翌々月に着手となります。
基本的には先着順でお受けします。
気になる方はお早めに。

 

 

見積依頼を申し込む

※応募多数に付き時期によってはお待たせする可能性があります。