FaxDMで新規開拓、FAX DMノウハウ、FaxDM原稿ひな型、集客(マーケティング)、販売促進、売上拡大

FaxDMのeパートナー 成果報酬型FAX DM。問合せ1件あたり6000円のFaxDM。FaxDM原稿はeパートナー高橋廣が作成

FaxDMで集客するための10の秘訣
 
 
メールアドレス
1分以上経っても返信メールが無い場合は下記アドレスにフルネームをご記入してメールして下さい。

knowhow12@e-ptn.com
  • 社労士用
  • 日本著者販促センター
  • FaxDM過去の実績
  • FaxDMよくある質問
  • FaxDMのeパートナー相互リンク集
  • サイトマップ

こんにちは。私がこのHPの責任者、FaxDMコンサルタントの高橋です。

私の仕事は、ズバリあなたのFaxDMの反響を上げること。そのために原稿添削もやっています。原稿を少し変えるだけで反響は2〜10倍になります。

FaxDMをいくら安く送れても、反応がなければ意味無いですよね?現在の一般的なFaxDM反響率は、0.1%以下です。でもFaxDMのコツさえ学べば、誰でも2〜10倍の反響が取れます。

「値段は2倍でも、問合わせが3倍ならお得でしょ?」と考えている会社です。

社会保険労務士専用 成果報酬型FaxDM
(助成金に興味を持っている見込客を1件4980円※でお渡しします)

成功したFaxDM原稿がそのまま使えます

あるエリアで成功したFaxDMは別のエリアでも成功する可能性が高いです。例えば、神奈川県で集客に成功したFaxDMは大阪でも成功する可能性が高いと言えます。

2005年以降、私は100人以上の社労士の先生の集客をお手伝いしてきました。
内容は助成金についてです。

 

一例を挙げると・・・
1、神奈川県 新井社会保険労務士事務所 新井先生
  3000件のFaxDM(予算12万円)で、見込客17件開拓。
  スポット契約5件(利益85万円)、顧問契約1件

2、東京都千代田区 オフィスマネジメント研究所 小森先生
  3500件のFaxDM(予算14万円)で、見込客12件開拓。
  スポット契約3件(利益39万円)

3、愛知県豊田市 眞野労務管理事務所 眞野先生
  4000件のFaxDM(予算15万円)で、見込客25件開拓。
  スポット契約3件(利益50万円)

その他のご利用の先生の声

 

どうやってこのような安定した実績を出すことができたのか?


理由は簡単です。
上記で利用したFaxDM原稿は、ほとんど同じものを使っているからです。
私の手元には「反応が高い助成金FaxDM原稿」があります。
原稿の発信元表示だけをそれぞれの社労士の先生の名前に差替えてFaxDMを送信しました。なのでどのエリアでも安定的に集客できています。

 

その結果、過去100人以上の社労士の先生の集客をサポートし、のべ50万件以上の助成金FaxDMを送信し、2000件以上の問合せを得ています。

 

 

ここで良いニュースと悪いニュースがあります。

まずは悪いニュースから。
あなた様が独自に原稿を作成して「助成金FaxDM」を送っても、おそらくはうまくいかないということ。最近のFaxDM反響率は0.1%以下です。1000件FAXしたくらいでは1件の問い合わせもない可能性があります。


良いニュースは、
もしあなた様が希望されるなら、反応率が高い私の原稿をそっくりそのまま使うことができるということ。問合せ先だけ、あなた様の事務所に差し替えてFaxDMします。もちろん送信先も自由に選択可能です。原稿は既に私の手元にありますので、3営業日であなた様の見込み客を集めることができます。

 

そして、ここからが重要なのですが、
今回のFaxDMは「成果報酬」だということです。

 

 

成果報酬型FaxDMとは?

成果報酬型FaxDMとは、FaxDMを送信し問合せが戻ってきた時に、問合せ件数に応じて料金を頂くFaxDMのことです。
今回の助成金FaxDMでは、問合せ1件あたり税込4980円※です。

 

つまり、
1、弊社で作成済の助成金FaxDMをあなた様名義で送信し、
2、問合せが来たら1件あたり4980円※お支払い頂く
というものです。

 

※東京都、神奈川県、大阪府などの一部エリアは料金が異なります。
※FaxDM送信前に希望エリアを指定頂きます。
※問合せ50件以上の場合の料金です。

社会保険労務士専用 成果報酬型FaxDM 料金表

利用後に実名で感想を頂ける方は
下記料金から一律20%割引(初回限定)

問合せ50件パック
(問合せ50件分お渡し)

通常エリア(下記エリア除く)
税込249000円
(=@4980円×50)

東京23区、大阪市、川崎市
税込349000円(=@6980円×50)
東京23区を除く東京都、大阪市を除く大阪府、横浜市
税込299000円(=@5980円×50)

問合せ30件パック
(問合せ30件分お渡し)

通常エリア(下記エリア除く)
税込168000円
(=@5600円×30)

東京23区、大阪市、川崎市
税込228000円(=@7600円×30)
東京23区を除く東京都、大阪市を除く大阪府、横浜市
税込198000円(=@6600円×30)

問合せ15件パック
(問合せ15件分お渡し)

通常エリア(下記エリア除く)
税込99000円
(=@6600円×15)

東京23区、大阪市、川崎市
税込129000円(=@8600円×15)
東京23区を除く東京都、大阪市を除く大阪府、横浜市
税込114000円(=@7600円×15)

※ご利用後に実名で感想を頂ける方は上記料金から一律20%割引します。イニシャルでの感想でも10%割引します。いずれも初回のみの割引です。

※最低でも15件以上の問合せをお渡しします。「問合せ1件だけ欲しい」という要望はお受けできません。

※成果報酬を希望されない場合は、今まで通り送信件数に応じたお支払いでもご利用可能です。この場合はエリアに関わらずFaxDM2000件送信で税込105000円、送信超過分は1件あたり税込29.4円です。例えば3000件送信なら、105000円+29.4円×1000=134400円(税込)の請求になります。こちらも実名感想なら20%割引、イニシャル感想なら10%割引します(初回のみ)。なお問合せ件数の保証はありません。

 

初回ご利用時の料金例
<問合せ15件パック(実名で感想)>
・通常エリア:税込79200円(=99000円×80%)
・東京23区、大阪市、川崎市:税込103200円(=129000円×80%)
・東京23区を除く東京都、大阪市を除く大阪府、横浜市:税込91200円(=114000円×80%)

 

通常のFaxDMは、送信する件数によって料金を支払います。
反響があろうが、なかろうが、請求額は変わりません。
つまり1万件送っても反応ゼロならコストを垂れ流したことになります。
ところが今回のサービスはFaxDMの反響に応じて、料金が発生します。
他にはない弊社だけのオリジナルサービスです。

 

また、実名で感想を頂ける場合は、初回に限り20%割引します。
この場合問合せ1件あたり@3984円〜で手に入ることになります。
記載以外のコストは1円もかかりません。原稿使用料金やFaxDM送信料金、名簿利用料金などは、すべて料金に含まれております。

 

既に実績のある原稿をそのまま使えますので、最短3営業日でFaxDM送信が可能です。問い合わせが来た分だけのお支払いですので、安心して販促活動が出来る思います。

 

それだけではありません。
私はさらに驚くべき提案をしたいと思います。
初回ご利用時に限り、「返金保証」をお付けします。

 

 

返金保証付き

今回の成果報酬型FaxDMを利用して、もし1件も契約できない場合は、料金を半額返金します(初回ご利用時のみ)。例えば、通常エリアの15件パック(初回税込79200円)をご利用頂き、1件も成約できなかった場合は、79200円の半額(=39600円)を返金するという意味です。

 

正直言うと、契約できるかどうかは、あなた様の営業力に大きく左右されます。
15件の問合せを得て、5件契約できる人もいれば、1件も契約できない人もいるでしょう。社労士の方の営業力はピンきりです。どちらかと言うと、営業力が低い人の方が多いくらいです。

 

それでも私は返金保証を付けることを決断しました。
理由は「お金を頂く以上は、お客様には利益を出して欲しいから」です。
また、私が言うのも何ですが、今回のFaxDMを利用すれば、営業力が致命的でない限り、ほぼ間違いなく1件位は契約できるはずです。そしてFaxDM料金以上の利益を出せるはずです。

 

リスクを恐れて、中々行動できない人もいるでしょう。
今回、そのリスクを弊社が負担することにより、社労士の先生方には極力リスクなくご利用できるようにしました。「成果報酬」かつ「返金保証付き」です。あなた様のリスクはほとんどありません(これでも申し込みを躊躇するのであれば、私にはもうお手上げです)。

 

 

この「社労士専用 成果報酬型FaxDM」を利用するメリットは・・・

1、リスクが少ない。
  問合せ件数に応じて支払いをするので、広告の反応に一喜一憂しなくても良い。
  一般的な広告は、ギャンブル的な要素が強いです。
  「たくさん広告費を掛けたのに問合せはゼロ」
  なんてことがない。

 

2、返金保証が付いている。
  初回利用時は返金保証が付いています。
  1件も契約が出来ないときは半額返金されます。

 

3、初回は割引がある。
  実名で感想を頂ける場合は初回に限り20%割引します。
  イニシャルでの感想では10%割引です。

 

4、さらに問合せ単価が安くなる可能性がある。
  予定以上の問合せが来ても追加料金は頂きません。
  例えば「問合せ30件パック」をお申込頂き、問合せが40件来たとしても
  追加料金は頂きません。

 

5、手間がほとんどかからない。
  FaxDMで1番手間がかかるのは「原稿作成」です。
  今回の助成金FaxDMの原稿は既に弊社で準備済です。
  あなた様が頭をひねったり、時間を割く必要がありません。

 

6、売上計画を立てやすい。
  問合せ件数に応じての請求になります。
  なお過去の実績では成約率は5〜20%(平均成約率は10%)です。
  問合せ30件なら3件くらいの成約になる計算です。
  契約金額にもよりますが1件でも契約が取れれば元は取れるはずです。
  また顧問契約が取れればさらにかなりの利益になると思います。

 

7、必要な時、必要なだけ、見込客を得ることができる。
  最短3営業日でFaxDM送信が可能です。
  売上が足りない、時間が空いた時にすぐに導入可能です。

 

8、成約率を伸ばすためのコンサルティング(別途有料)を受けることができる。
  「問合せはたくさん来たけど中々契約できない」
  という方のためにご希望であれば個別コンサルします。
  成約率を伸ばすフォロー方法、郵送用資料添削、営業方法などをお教えします。
  (コンサルティング料:月5万円×3ヶ月以上)

 

 

逆にデメリットもあります

1、問合せが来ても成約できるかどうかはあなた様次第です。
  あくまでも問合せ件数に応じた課金です。
  過去の実績だと、成約率は5〜20%です。
  平均成約率は10%前後です。

 

2、最低でも15件以上の問合せをお渡しします。
  「問合せ1件だけ欲しい」という要望はお受けできません。

 

3、エリアによってはご希望の件数の問合せをお渡しできない可能性があります。
  狭いエリア、もしくは過去に別の先生がこのサービスを利用したエリアでは、
  充分な問合せが来ない可能性があります。
  例えば、あるエリアで50件の問合せを希望されても、40件しか問合せが
  来ない可能性もあります。
  (もちろん差額の10件分は返金します)

 

4、他の社労士からクレームが来る可能性があります。
  「私のお客さんに手を出すな!」的なことを言われる場合があります。
  都心部よりも地方でその傾向が高くなります。
  クレームを付けてくるのは年配の社労士の方が多いです。
  もちろんFaxDMという手法にまったく問題はありません。
  余計な軋轢を起こしたくない人はFaxDMをしない方がいいかもしれません。
  なお余計なトラブルを避けるために原稿の中に
  「既に社労士が付いている方はその方に直接お問合せ下さい」
  と記載してあります。

 

5、原稿の著作権はすべて弊社に帰属します。
  原稿は弊社で作成済です。反応が高いから、と言って他の広告やDM、
  資料、HPなどに転載、引用することはできません。

  コピーや真似もご遠慮下さい。
  また営業ツールとして利用することも出来ません。

 

上記に書きました、メリット、デメリットを勘案の上、お申込下さい。

 

 

ご用意いただくもの

FaxDM原稿および送信先名簿などはこちらで準備しますが、それ以外に下記をご準備下さい。

 

1、問合せ先に送付する資料
  問合せ企業のすべてと訪問アポが取れるわけではありません。
  送付用の資料をご準備下さい。

 

2、助成金小冊子
  助成金を紹介するFaxDMです。
  様々な助成金を企業経営者様に紹介する必要があります。
  特にニーズが高い「雇用調整助成金」「キャリアアップ助成金」
  「高齢者雇用安定助成金」「両立支援助成金」などを
  紹介する資料をご準備下さい。
  市販の助成金小冊子もありますので下記で購入するのが便利です。
  http://www.psrn.jp/kaitaku/ (助成金小冊子10冊1500円〜)

 

3、助成金診断シート(あればベター)
  1〜2枚の診断シートがあればベターです。
  なくても構いませんが、訪問時あるいは電話商談時に
  「その会社は助成金をもらえるのか?もらえないのか?」
  を大まかに診断できるようにして下さい。

 

4、その他
  用意するものではありませんが、助成金は「成果報酬で契約」して下さい。
  つまり「助成金がもらえた時だけ助成金の○割を手数料として頂く」
  という契約スタイルです。
  もちろん「就業規則作成」「個別コンサル費用」「顧問料」などは
  別途請求して頂いて構いません。
  ※FaxDM原稿に「助成金は成果報酬」との記載がありますので、
   成果報酬でないと原稿との矛盾が生じてしまいます。

 

 

よくある質問

Q1、料金は結局いくらなの?
→希望エリア、希望問合せ件数によって料金は異なります。初回の最低料金は、税込79200円(通常エリア、問合せ15件パック、実名感想有の場合)です。

 

Q2、どれくらい成約できるの?
→過去の実績だと、成約率は5〜20%です。平均成約率は10%前後です。30件の問合せなら3件位の成約になると思います。成約件数はエリアやフォロー内容、先生の実力によって異なります。成約件数はあくまでも目安です。

 

Q3、問合せが希望通りの件数にならなかったらどうなるの?
→50件の問合せ希望でも、50件ちょうどの問合せが来るとは限りません。40件しか問合せが来ないかもしれませんし、60件問合せが来る可能性もあります。希望件数に満たない場合は「差額分(=不足件数×4980円)」を返金致します(料金は通常エリアの場合)。なお問合せが予定より多く来ても追加請求はありません。

 

Q4、1度に50件の問合せが来ても対応できないので問合せを分割して欲しい
→分割可能です。例えば、最初に20件、翌月に20件、3ヶ月目に10件(=合計50件)という感じで分割することも可能です。ただし1回送信が増えるごとに、税込5250円プラスになります。

 

Q5、既存客、過去クレーム先などにはFaxDMを送って欲しくない
→送って欲しくない宛先がある場合はFAX番号を弊社宛にお知らせ下さい。その番号を除外してFaxDMします。

 

Q6、送信先の業種は選択できるの?
→基本的に選択できません。選択できるのはエリアのみです。従業員数の指定もできません。ただし、ターゲットになりにくい業種(公共施設、社団、財団など)は、既に弊社で除外済です。

 

Q7、問合せ件数はどうやってカウントするの?
→問合せ先のFAX番号は弊社のFAX番号(0120)になります。問合せFAXが来たら随時転送します。問合せ先の電話番号は御社の電話番号を記載します。後日何件の電話問合せがあったかご報告下さい。FAX問合せ件数+電話問合せ件数の合計を問合せ件数とします。1社から2回問合せが入ったとしてもカウントは1社です。

 

Q8、原稿は見せてもらえるの?
→ご入金後に送信用原稿をお見せします。多少の追加修正は可能です。ただし原稿の反応率が下がるような修正はできません。

 

Q9、申込からFaxDM送信までどれくらいかかるの?
→ご入金から最短3営業日で送信可能です。

 

Q10、同じエリアで他の社労士が申込済だったらどうなるの?
→基本的にはエリアを少しずらすようにお勧めしますが、エリアが完全にかぶってしまっても問題はありません。反応率は落ちますので弊社の原価が上がるだけです。ただし、最初にFaxDMを送信した方が、今すぐ客(=契約しやすいお客さん)が問い合わせて来る可能性が高いです。

 

Q11、後払い・分割払いは可能ですか?
→一括前払いのみです。

 

Q13、実名での感想は書きたくないのですが・・・
→実名で感想を頂ける場合は20%割引します。イニシャルでの感想でも10%割引します。いずれも初回限定です。感想をどうしても書きたくない場合でも割引はありませんが、ご利用は可能です。

 

 

 

ご利用の流れ

1、まずは下記からお申込下さい。

2、請求書をメール添付で送付します。ご入金お願いします

3、問合せを希望されるエリアをご指定下さい。

4、送信予定の原稿をお見せします。多少の追加修正は可能です。

5、希望日時に送信します。

6、問合せが希望件数に満たない場合は、後日追加送信します。

7、感想を頂ける場合はFaxDM送信2週間後位に感想依頼のアンケートを
  送付しますので回答お願いします。

 

追伸1
優良顧客は最初にFaxDMを送った人のところに問い合わせます。
同じエリアであれば、2番目、3番目にFaxDMを送った人の方が成約率が下がります。
優良顧客をつかむのであれば早めにお申し込み下さい。
あなた様にリスクはほとんどありません。

 

追伸2
先着10名様に限り、問合せ件数を1割増しにします(端数切捨て)
15件パック→問合せ16件、
30件パック→問合せ33件、
50件パック→問合せ55件。
先着10名様→残り4名様

 

社労士専用 成果報酬型FaxDMを申し込む