600万件分の法人名簿
電子電話帳2018 業種版

 あなたは「お客さんを増やすための行動」をいくつしていますか?

1回のセミナーが300万円を越えることでも有名なマーケティングの神様、ジェイ・エイブラハムは、著書の第1章で、以下のように書いています。

—————————-引用ここから—————————-

ビジネスを大きくする方法はたった3つしかない。
1、クライアントの数を増やす
2、クライアントあたりの平均販売額を増やす
3、クライアントが購入する頻度を増やす

この3つにだけポイントを絞ればいい。事実やり方は簡単なのである。

 

—–「ハイパワー・マーケティング」 インデックスコミュニケーションズより—–

 

売上を増やす3つの方法の中で、ジェイ・エイブラハムが第1番目に挙げた項目。それは「クライアントの数を増やす」です。

 

さて、あなたは「お客さんを増やすための行動」をいくつしているでしょうか?

もしお客さんの数を2倍にしたいなら、

「広告量を2倍にする?」
「広告頻度を2倍にする?」
「営業マンの数を2倍にする?」
「展示会の開催を2倍にする?」

などの具体的方法が必要になります。お客さんの数を増やすこと。それは社長の仕事の内、最も重要な仕事の1つと言えるでしょう。

とは言うものの、実際に行動できている社長は少ないのではないでしょうか?確実に売上を伸ばすことが出来ると分かっているにもかかわらず、できていないのです。

 

社長業は忙しい!それは私も分かります。使えない社員がいたり、わがままなお客さんのために走り回ったり、コスト削減に注力したり、資金繰りに奔走する。。。

 

しかしながら、社長の最も重要な仕事とは何でしょうか?朝から晩までお客さんのところを駆け回るのが仕事ではないはずです。「売上を増やす!」という最も重要な社長の仕事を忘れている時はありませんか?

 

今回ご紹介するのは、そんな忙しい社長さんでも、簡単にお客さんを増やすことができるツールです。それは「名簿」です。全国600万件分の法人名簿です。この名簿を利用すれば、郵送DMも送れますし、FaxDMも送信可能です。名簿を購入し、後は部下にDMを書かせてください。もしくは、FaxDMを送るように指示して下さい。もちろんお金はかかります。ですが、この行動により、お客さんが増え、売上が増えることがあっても、減ることはないのです。通常どんなに素晴らしい会社でも、お客さんは毎年毎年少しずつ流出しています。何も行動しないと、売上は減る一方です。

 

今回ご紹介する名簿は弊社のオリジナル商品ではありません。「日本ソフト販売」という会社が作成している「電子電話帳2014業種版」というソフトです。全国のNTTのハローページに記載されている名簿の内、法人のみをCD-ROMに収納しています。はっきり言ってこのソフトは使えます。もしあなたが対法人営業(B
to B)なら要チェックです。
以下のような会社であれば特にお薦めします。

1、全業種の法人が対象である。(例、リサイクルトナー、文具通販、士業、など)
2、業種は限定されるが、全国をターゲットとすることができる。

 

1、2のどちらかに当てはまるのであれば、この名簿はお役に立てる可能性が高いです。もし、1、2の両方に当てはまるのであれば、さらに利益を出せる可能性があります。

 

もちろん、私(高橋)も2000年から使っています。使ってみて役に立っているからこそ、お薦めしています。

 

この電話帳名簿ソフトは、約600万件分の名簿を収納しています。収納項目は「会社名」「住所」「〒」「電話」です。FAX番号はすべての名簿に含まれているのではありません。「約80万件分」のみです。FAX番号が判明している割合は低いですが、「80万件」という数字は、とてつもなく大きな数字です。この名簿はCSV形式でエクセルに書き出し可能ですので、色んなことに使えます。また、「名称検索」ができるので、「社名に病院を含むもののみ」を抽出することも可能です。

 

通常、名簿会社などで法人名簿を購入する場合、安いものでも1件あたり@20円、大手名簿会社で購入する場合、@200円くらいかかってしまいます。

 

650万件分の法人名簿が含まれている電話帳CD-ROM。あなたはこのCD-ROMに、いくらのお金を払いますか?

100万円? 500万円? 1000万円? 1億円?

 

きちんとした戦略さえ出来ていれば、例え名簿代に1億円かかったとしても、充分に取り戻すことができるでしょう。

 

この名簿(電話帳CD-ROM)は、何と、税込51,840円 です。書き間違えではありません。600万件分の法人名、〒、住所、電話、が含まれている名簿が、わずか51,840円で手に入るのです。この名簿があれば、あなたのお客さんの数を増やすことは、難しいことではなくなるでしょう。

 

税込51,840円!かなり安いです。しかしながら、私としては何としても5万円を切って欲しいのです。5万円を越えると、心理的な壁ができてしまうので、それを下回るようにしたかったのです。また、良い商品だからこそ、たくさんの人に使ってもらわないと意味がないと思っています。そこで私は、この電話帳CD-ROMの製作元である「日本ソフト販売」さんに交渉しました。

「もっと安くなりませんか?」と。

その結果、大量購入で買い切りを条件に、さらに安い価格で仕入れることが可能になりました。税込51,840円の電話帳CD-ROMを、税込42,000円(送料別途1000円)で提供可能となりました。

 

さらに、弊社FaxDM原稿作成キット(税込14,700円)とセットで購入頂く場合は、税込52,500円で購入可能です。つまり、実質37,800円の負担で、600万件分の名簿が購入できることになります。

 

さて、詳細です。

今回販売する600万件分の名簿の商品名は、「電子電話帳2018 業種版」です。定価51,840円です。以下は製作元の「日本ソフト販売」さんのHPからの引用です。


電子電話帳2018 業種版

『電子電話帳2018 Ver.23
業種版』は、個人名を除くあらゆるデータ601万件を収録しています。公開されている電話帳をデータベース化し、検索や顧客管理・マイナンバー管理などの用途に幅広く対応したソフトです。業種版の特長は、会社名の一部をキーワードにした業種名検索と、72業種のカテゴリに分類されたデータから目的の業種を検索できるカテゴリ検索です。
最新の電話帳から新規見込み客を抽出できるのはもちろん、既存の顧客をいろいろな条件で検索することにより、今まで気づかなかった新たなアプローチ法が見えてきます。また、既存の顧客情報を業種版に取り込み、古い住所の変換や複数のアドレス帳の重複データ確認をおこなうことにより、顧客データを常に活用可能な状態にメンテナンスできます。

※業種名とは、法人名称の一部をキーワードとしたものです。
正確に職業別分類されているわけではありません。

 

対応OSWindows 10/8/7(管理者権限が必要)
※64bit版では、32bit互換モード(WOW64)で動作
メモリ1GB以上(64bit版は2GB以上)
CD-ROMドライブ24倍速以上を推奨(検索時にCD-ROMが必要)
ハードディスク空き容量140MB以上の空き領域(データをファイル出力する場合はその分空き領域が必要)
※電話帳データベースをインストールする場合は更に約435MBの空き領域が必要。

 

 

※1 : 名簿件数は、600万件ですが、FAX番号の件数は約80万件です。
※2 : 名簿の書き出し(エクスポート)は、全国一括では出来ません。
社名(一部で可)を入力後、県別で書き出します。
全国名簿を作る時は都道府県別に抽出するので、47回の作業が必要です。
※3 : 正確に業種分類されているわけではありません。
社名に含まれている文字で抽出します。
例えば「病院」で検索すると、「○○病院」という風に社名に病院という文字を
含む病院だけ抽出できます。ですがこれだけでは不十分です。
「病院」の他に、「医院」「内科」「外科」「クリニック」など複数の
ワードで抽出する必要があります。なお複数ワードでの抽出は一括で出来ます。
※4 : 業種によっては抽出がうまくいかない業種があります。例えば「エステ」。
社名に「エステ」という言葉を含む会社を抽出した場合、「エステティック○○」
「ビューティーエステ○○」などの他に「エステート○○」という法人まで含まれてしまいます。
また、飲食店関係も抽出が難しいと言えます。というのも、飲食店は特殊な名前が多いからです。「○○食堂」 「レストラン○○」という一目で飲食店と分かる法人は抽出可能ですが、「ラ・マルシェ」とか「久兵衛」などは、社名では抽出できないと言えます。
※5 : 弊社で使っているメイン名簿は、電子電話帳ではありません。
郵送DMや特殊な名簿を抽出したい時だけ、この電子電話帳を利用しています。
弊社メイン名簿は売上高、従業員数、資本金などで抽出可能ですが、今回の電話帳CD-ROMではそのような機能はありません。
※6 : 商品についての詳細な説明は、日本ソフト販売のHPをご覧下さい。
電子電話帳2018 業種版

さて、ここで電子電話帳のメリットについてまとめてみます。
もしあなたが電子電話帳を購入したとしたら、以下のようなメリットを手に入れることができます。

メリット1

600万件もの大量の法人の「住所」「電話」を手に入れることができる。

メリット2

80万件もの法人の「FAX番号」を手に入れることができる。

メリット3

小規模店の名簿も含まれているので反応率が高い。(通常、小規模店は廃業、新規開業の頻度が高く名簿化しにくい。つまり小規模店はライバル店からの売り込みが少なく反応率が高い。)

メリット4

名簿の準備が自前で出来るのでFaxDM、郵送DMの導入が容易になる。

メリット5

名簿代がかからないのでFaxDM、郵送DMのトータルコストが安くなる。

メリット6

名簿が手元にあるので、販促しようと思ったその瞬間から、すぐに実行できる。

もしこの電子電話帳をあなたの事業に有効に活用することができれば、得られる利益は何十万円、何百万円、場合によっては、何千万円となることでしょう。

 

誤解を防ぐために注意点を再度説明します。この電子電話帳名簿は、すべての人に役立つツールではありません。弊社で提供している通常の名簿とは異なり、正確な業種分類はできませんし、売上高、従業員数での分類もできません。ターゲット顧客をピンポイントで絞り込む必要がある会社にとっては、役に立たないツールだと思います。しかしながら細かい名簿の絞込みが必要がない法人にとっては役に立つツールとなると思います。具体的には「1、全業種の法人が対象」、あるいは、「2、全国をターゲットとしている」 、「3、抽出しやすい業種をターゲットにしている」 企業にとっては有効だと思います。

注意1

600万件の名簿の内、あなたのターゲット企業がほとんど含まれていない可能性もあります。
注意2FAX番号は、80万件分のみです。
注意3「個人の名簿」は含まれていません。
注意4業種分類されているわけではありません。社名で抽出します。例えば「病院」を抽出したいときは、社名の中に「病院という文字が含まれているもの」を抽出します。この場合、本当の病院の他に、例えば「(株)○○ 病院前店」という会社も含まれてしまいます。
注意5650万件の名簿はすべて1枚のCD-ROMの中に保存されています。全国一括で抽出することはできません。社名で抽出し、都道府県ごとにエクスポートします。
注意6抽出し易い業界と抽出しにくい業界があります。
【抽出し易い業界例】
建設業、運送、倉庫、不動産業、ホテル、士業、工場、役所、学校、美容など
【抽出しにくい業界例】
エステ、飲食、サービス、製造、卸、小売※つまり、抽出し易い業界は「○○建設」「○○建築」「○○住宅」という風に、社名を基準に業界を分けることができます。抽出しにくい業界は、小売業で見られる「○○商店」など、一見しただけでは何の業種か判別が難しい業界です。
注意7

この商品は返品を受け付けておりません。その分、価格は安くなっております。よく検討の上、ご注文下さい。

以上のような注意点がありますが、「B to B」かつ「ターゲット名簿の抽出がし易い業界」にとっては、有効なツールとなります。また、「株式会社」「有限会社」を一気に抽出できるので、ターゲット業種を選ばない業界にとっても有効なツールとなるでしょう。

もしこの電子電話帳をあなたの事業に有効に活用することができれば、得られる利益は何十万円、何百万円、場合によっては、何千万円となることでしょう。そのために、あなたが負わなければならないリスクはほとんどありません。

追伸
この商品は自社オリジナル商品ではありませんので、在庫調整をしております。商品が届くまでに2週間程度かかる場合もございます。通常はご注文から1週間が到着の目安です。

「電子電話帳2018 業種版」 税込42,000円を購入したい方、
FaxDM原稿作成キットと同時購入(税込52,500円)したい方、
はコチラをクリック!